スポンサーリンク

『神・時間術』レビュー!朝は脳のゴールデンタイム!?時間をコントロールして最高の時短を手に入れる!

書籍

こんにちは、ねこもちです。

毎日忙しくて、時間に追われていませんか?

今日も時間に追われて

作業が終わらなかったなあ

やりたいことがあるのに

疲れてついダラダラしちゃう

午後から仕事を片付けようと思っても、なんだか眠くて集中できなかったり。

寝る前にスマホやゲームをやっていたら夜更かししてしまって、次の日にだるさを感じたり。

1日24時間じゃ足りない、もっと効率的に1日を過ごしたい。

趣味や自己投資の時間を増やしたい。

そんなふうに思っていた時に出会った本、『神・時間術』を今回は紹介していきたいと思います。

神・時間術
樺沢紫苑(著)

神・時間術

スポンサーリンク

神・時間術 の概要

決められた24時間の中で、時間の使い方を決めることによって脳のパフォーマンスを最大に引き出すことができる「時間術」について、詳しく解説されています。

著者の経験や最新の脳科学などが取り入れられ、実際にどのように行動したらいいのかが書いてあり参考になります。

「時は金なり」とよく言いますが、仕事やプライベートを含む人生そのものを豊かにしたければ、時間術を見直すことが重要です!

スポンサーリンク

朝は脳のゴールデンタイム

具体的な時間の使い方を

知りたいにゃ!

夜に何か作業をしようと思っても、集中力が続かず進まなかったりしませんか?

夜になると、1日の間にたまった疲れで頭も体もヘトヘトになってしまっているので、なかなかやる気が起きません。

逆に、朝は1日で一番集中力が高まる時間帯です!

朝の30分は夜の2時間にも匹敵するといいます。

なぜかというと、睡眠中に夢を見ることで脳の中が整理整頓され、朝起きた直後は片づけられたまっさらな机のような状態になるということなんです。

朝起きてから2〜3時間は身体も頭も疲れていない、心身ともに充実した状態になります。

この時間にメールチェックやネットなど集中力の必要ないことをすると、脳のゴールデンタイムを有効活用できずもったいないことに。

ここで重要な資料作り文章を書くような頭を使う作業をもってくると、集中力が上がり効率がアップします!

私はこの本を読んでから、朝にブログを書いたり、絵を描いたりと自己投資の時間に当てるようになりました。

そのおかげで、昼や夜より集中力が高まり、モチベーションを維持することができています

スポンサーリンク

集中力の落ちる昼のリセット術

お昼になると

なんだか眠くなるにゃ……

昼になると、少しづつ疲れが溜まってきて集中力が落ちてきてしまいます。

そんな時は外でランチをとると、脳が刺激を受けて午後からの集中力が上がります。

※現在コロナ禍ですので、外出ランチを控えている方も多いと思います。テイクアウトしたり、短時間外に出てリフレッシュするのも有効だと思います。

ランチの後は短時間の昼寝が効果的です。

20〜30分の仮眠をとることで、脳がリセットされスッキリします。

さらに仮眠の前にコーヒーなどカフェインをとることで、短時間でもすっきり目覚めることができるようになります。

私は毎日のように昼寝をしていますが、短時間というのがポイントだと感じました。

たまにうっかり1〜2時間寝てしまうと、その後しばらくだるさが残り、逆効果になってしまいます

仮眠の前にコーヒーを飲む、手元にアラームを置かない、などの対策をすると効果的ですよ。

スポンサーリンク

夕方〜夜に軽く運動して集中力アップ

夕方〜夜にかけては、30分程度の有酸素運動を週1回以上継続しましょう。

運動後には第二の脳のゴールデンタイムがやってきます!

脳に対する運動の効果は、長期記憶の強化や学習能力のアップ、やる気が高まる、ぐっすり眠れるなどいいことばかりなのだそうです。

私は日常的にエレベーター、エスカレーターをなるべく使わず階段を使っています。

さらに、2〜3日に1回の筋トレを続けています。

といっても本格的にというわけではなく、スクワット、腕立て伏せ、腹筋など基本的なものを15分程度やっている感じです。

運動が脳にいいなら

もっと激しく長時間やったほうが

いいんじゃない?

運動はあまりやりすぎると集中力が下がってしまい、日常的に続けるのも難しくなるので、ほどほどがコツだと思います。

スポンサーリンク

リラックスタイムで快適に睡眠

明るい部屋で夜中までスマホやテレビを見てしまうことってありますよね。

しかし、ぐっすり眠るには寝る前の時間がとても大切なんです。

寝る2時間前までにリラックスタイムを確保することで、快適に睡眠して次の日にスッキリ起きることができるんです。

このとき飲酒や激しい運動、テレビやゲームなど視覚系の娯楽は深い眠りを妨げてしまいます。

できれば蛍光灯ではなく間接照明に変え、音楽や読書などでリラックスしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

『神・時間術』についてレビューしてきました。

今回の記事をまとめると、

3つのポイント
  1. 朝に一番集中力が必要な作業をする。
  2. 昼は仮眠などで脳をリセットし、午後に集中力の低い作業をする。
  3. 夜は軽い運動をして、寝る前2時間のリラックスタイムを確保する。

大事な仕事は朝にもってこよう!

1日24時間をうまく使い分けることで、脳のパフォーマンスを最大に引き出しながらしっかり睡眠時間を確保することができます。

私自身この本に書かれている時間術をいくつか実践していて、ブログを書いたり、新しいことをはじめてみたりと効果を実感しています。

『神・時間術』には今回紹介しきれなかった、仕事や自由時間に使える時間術も解説されています。

もっと1日の時間を効率よく使いたい方に、自信を持っておすすめします!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Amazon.co.jp: 神・時間術 eBook: 樺沢紫苑: Kindleストア
Amazon.co.jp: 神・時間術 eBook: 樺沢紫苑: Kindleストア

同じ著者の『読んだら忘れない読書術』のレビューはこちら↓

『読んだら忘れない読書術』レビュー!スキマ時間にアウトプットして自己成長しよう!
読んだら忘れない読書術の書評レビューです。読書しても内容を忘れてしまうのは◯◯が足りないからだった!?スキマ時間を活用して、忙しい人でもできる読書術を紹介。
タイトルとURLをコピーしました